ノンケと付き合う1
ノンケと付き合う2


こんにちわ。さなです。
レズはどこで出会うのか?番外編の「ノンケと付き合う」です。

・日常での出会い
学校や職場など、日常においても一応出会いはあります。
ですが、セクシャリティについて触れることはそう多くはないため、「見た目が明らかにボーイッシュ‼歩くカミングアウト‼」的な人でないと、なかなか恋愛の相手としては見てもらえないのが現状です(涙)

・ボーイッシュさんの方が告白成功率は高い
 普通の女子っぽい外見をしている場合、まずレズビアンだと信じてもらえなかったり、告白しても冗談だと思われることが多いです。
 
 また、男性としか付き合ったことがない人の場合、女の子同士の付き合いは未知なる領域。
 「この人と付き合ってる自分をイメージできるか」
 というのは、結構重要な付き合う際の見極めポイントだと思うのですが、女の子の外見だと
 「いやいや!ナイナイ‼」
 となってしまうことも多いです。
 付き合うイメージが想像しずらいのだと思います。
 その点ボーイッシュさんだと、
 「まぁ、アリかな」
 と思ってもらえることもあります。

・「人としてどうか」
 自分がまだレズビアンだと自覚していなかった頃は、「いつか好きになれるかもしれない」と期待を持ちながら、好きでもない男の人と付き合っては別れる…ということを繰り返していました。
その際、よく愚痴を言っていた相手から
「なら、私と付き合いなよ!」
と言われて付き合ったのが、私の初彼女です。
見た目も完全に女の子で、付き合う相手としては一切考えていなかった友人でした。

その際に思ったのは
「とりあえず、人としてはすごく好き」
ということです。

先日話を聞いたFTMさんの彼女(ノンケさん)も、同じことを言っていました。
付き合うつもりもなかった相手に対して、付き合ってもいいかなと思うきっかけとなる重要キーワード
は、
「人として、好きかどうか、尊敬できるかどうか」
ではないかと思っています。

あとは、生理的に受け付けるかどうか。
これが✖だと、どう頑張っても✖ですね。
「人としては好きだけど、やっぱり女の子は友達としか思えない」
というのも、仕方のないことだと思います。

でも、その2点を乗り越えた瞬間に、
女の子同士だけど、付き合ってもいいかもしれない
と思ってもらえることが多いです。

以上、レズはどこで出会うのか問題を6回に亘って書いてみました。
なかなか良い出会いは転がってないですよね。
でもいつかは出会える!と信じていると、そのうちひょっこり縁が芽生えたりもします。

私自身、出会った人や縁は、これからも大切にしていきたいなと思います。


読んでいただいてありがとうございます。
明日から普通の日常記事に戻ります。
 
ランキング参加しています。
励みになりますので、よろしければポチをお願いします。