マンダリンと広東語
マンダリンと広東語2
こんにちわ。さなです。
今日ブログを描いている時に
グレイテスト・ショーマンのThis Is Me
ワークショップセッションをyoutubeで聴いてたのですが
映像にくぎ付けになってしまって
全く作業が進みませんでした( ;∀;)
何回聴いても大好きな曲です。

さて。バイト先のお話です。
私の働いているスーパーは中国系なので
従業員の殆どが中国語を話しています。

私は中国語が分からないので
彼らとは英語でコミュニケーションをとっていますが
何故か中国人同士でも時々
カタコトの英語で話している場面を見かけるので
不思議だなと思っていました。

先日Cさんも
同じ中国人同士なのに英語で話していたので
理由を聞いてみたところ
Cさんの中国語→マンダリンと呼ばれる
        中国の公用語
魚部門の人→広東語
で、全く別の言語だった模様。
しかも相手は英語もカタコトだったため
どの言葉も通じないという悲しい結果に…
中国滅茶苦茶広いなとあらためて思いました(笑)

私の話す英語も微妙なので
コミュニケーションがうまくいかないこともしばしば…
日々練習あるのみです!(・`д・´)

読者登録お願いします(*´ω`*)
読者登録ボタン

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加しています。
励みになりますので、よろしければポチをお願いします。