LGBTのL日記

レズビアンのさなです。大好きな妻のHさんと子供Lちゃんの3人で、カナダで仲良く暮らしています。 LGBTやらジェンダー的な難しい話はひとまず置いておいて、のんびり暮らすレズビアンの生態を知ってもらえたらと思います。 2018年に彼女のHさんとカナダで正式に結婚しました!

タグ:火事

こんにちわ。さなです。こちらは日が隠れるとと少し寒いので、薄い長袖パーカーがとても役に立っています。 昨年カナダ旅行をした際、深夜にいきなり火災報知器が大音量で鳴りました。高層階だったので、起き抜けに眠い目をこすりながら下の階まで歩くという悲劇。しかしい
カナダで火事に合う
カナダで火事に合うa
こんにちわ。さなです。
こちらは日が隠れるとと少し寒いので、薄い長袖パーカーがとても役に立っています。 

昨年カナダ旅行をした際、深夜にいきなり火災報知器が大音量で鳴りました。
高層階だったので、起き抜けに眠い目をこすりながら下の階まで歩くという悲劇。

しかしいきなり英語で非常ベルが鳴るとビビりますね(笑)
非常事態に対しては、そこそこ自分はちゃんと対応できるだろうと自負していたのですが、正直全くダメでした(笑)
特に英語だと「…え⁈」てなります。

対してHさんは流石元パッカーだけあって、こういう時の対処はテキパキ。
パスポート、財布、携帯電話、Wi-Fiルーター、上着を持ってすぐに下の階へ。

普段ふにゃふにゃしているので、それも相まって、ものすごく頼れるっぽくなってました。
非常事態に強いというのは文句なしにカッコいいと思います。

カナダで火事2

外に出てからはやることがないので、消防活動の見学をしていました。
結局全てが終わって部屋に帰ったのは朝の5時近く。
コンドに泊まっていた大量の他のお客さんと一緒に、疲れ切った顔で戻りました。

元々は夜景が好きなので、いつか高層階に住むのに少し憧れてたのですが、この一件以来HさんとLちゃんに反対されまくっているので、早速夢破れそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加



読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加しています。
励みになりますので、よろしければポチをお願いします。