赤身肉
こんにちわ。さなです。
焼肉屋で必ず頼むメニューは
ネギタン塩、ハラミ、牛カルビの王道派です。
トロントに牛角があるらしいのですが
まだ行ったことがないので憧れています(*´з`)

さて。カナダでは肉と言えば赤身!です。
牛だけでなく鶏肉も同様
モモ肉より胸肉やささみの方がお高いですし、
牛ひき肉は、中に含まれている脂肪の割合が
低いほどお高い値段設定になっています。

私はどちらかと言うと
一口噛むと脂がじゅわっとする
霜降りジューシー系お肉が大好きだったので
こんなにも赤身肉がもてはやされている理由を
友人に聞いてみたところ
上記のような答えが返ってきたので
思わず笑ってしまいました( *´艸`)

周囲のカナダ人を見てみると
脂は調理過程で、できるだけ落として
肉の味を楽しむ人が多いので
肉と脂身のコラボレーション!
脂身最高‼的な
発想ではないのかもしれません。
肉のたんぱく質を楽しみたい…みたいな??

肉肉言っていたらものすごく
ステーキが食べたくなってきました(笑)
明日の夕飯はお肉にしようと思います。

脂を落とす赤身主義と言っても
ソースや付け合わせに
バターや砂糖たっぷりなのもカナダ流。
健康的なんだか不健康なんだか…。
とりあえず日々の食事に関しては
日本食が圧倒的に健康的だと思います(^-^;



読者登録お願いします(*´ω`*)
読者登録ボタン

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加しています。
励みになりますので、よろしければポチをお願いします。