LGBTのL日記

レズビアンのさなです。大好きな妻のHさんと子供Lちゃんの3人で、カナダで仲良く暮らしています。 LGBTやらジェンダー的な難しい話はひとまず置いておいて、のんびり暮らすレズビアンの生態を知ってもらえたらと思います。 2018年に彼女のHさんとカナダで正式に結婚しました!

2017年08月

こんにちわ。さなです。昨日は学校のエージェントさんと食事に行ってきました。少しずつ新しい生活が見えてきた気がします。留学するにあたって、私が学校側に提出したものを書き出してみました。・入学願書 日本と違って志望理由欄はなし。 住所氏名欄、希望コース、クレ
留学準備学校編
留学準備学校編a
こんにちわ。さなです。
昨日は学校のエージェントさんと食事に行ってきました。
少しずつ新しい生活が見えてきた気がします。

留学するにあたって、私が学校側に提出したものを書き出してみました。

・入学願書
 日本と違って志望理由欄はなし。
 住所氏名欄、希望コース、クレジットカード番号欄、TOEICやTOEFLなどの試験結果、緊急連絡先くらい。
 本当に基本的なことだけでした。
 英語系の書類を始めて書く私は不安が大きかったので、Hさんに見てもらいながら書きましたが、海外旅行で入国カードが普通に書ければ、難なく完成させられる内容だと思います。

・大学の成績証明書と卒業証明書
 大学と記載しましたが、最終学歴のものでOK。
 私の場合は、大学と看護学校の両方を取りよせました。
 即日発行ではなく1~2週間程度の時間を要することも多いので、事前に学校へ確認&余裕をもって申請したほうが無難です。
 学校側で英語で発行してくれればいいのですが、日本語でしか出してくれない学校も。
 その場合は個人で翻訳会社に依頼→カナダ大使館で翻訳の承認をもらわなければいけません。
 料金や所要時間は会社によって全く違うので、その都度確認が必要ですが、Hさんの場合は翻訳から大使館承認手数料まですべて込みで2万円程度、1週間位かかりました。

・TOEIC等英語テスト結果
 この手の試験は毎月あるので、何回か受けてみて一番成績のいいものを提出してOKです。
 私は発音が壊滅的なので、リスニング+文章読解のみでいけるTOEICを受けていました。

留学にあたって学校に提出したものはこのくらいです。
本当にあっさり。
しかもPDFデータでOKという手軽さ!
レスポンスも早い!

あれよあれよという間に入学許可が下り、授業料の支払いもできました。

明日はビザの取得について書こうと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加




読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加しています。
励みになりますので、よろしければポチをお願いします。


こんにちわ。さなです。こちらは日が隠れるとと少し寒いので、薄い長袖パーカーがとても役に立っています。 昨年カナダ旅行をした際、深夜にいきなり火災報知器が大音量で鳴りました。高層階だったので、起き抜けに眠い目をこすりながら下の階まで歩くという悲劇。しかしい
カナダで火事に合う
カナダで火事に合うa
こんにちわ。さなです。
こちらは日が隠れるとと少し寒いので、薄い長袖パーカーがとても役に立っています。 

昨年カナダ旅行をした際、深夜にいきなり火災報知器が大音量で鳴りました。
高層階だったので、起き抜けに眠い目をこすりながら下の階まで歩くという悲劇。

しかしいきなり英語で非常ベルが鳴るとビビりますね(笑)
非常事態に対しては、そこそこ自分はちゃんと対応できるだろうと自負していたのですが、正直全くダメでした(笑)
特に英語だと「…え⁈」てなります。

対してHさんは流石元パッカーだけあって、こういう時の対処はテキパキ。
パスポート、財布、携帯電話、Wi-Fiルーター、上着を持ってすぐに下の階へ。

普段ふにゃふにゃしているので、それも相まって、ものすごく頼れるっぽくなってました。
非常事態に強いというのは文句なしにカッコいいと思います。

カナダで火事2

外に出てからはやることがないので、消防活動の見学をしていました。
結局全てが終わって部屋に帰ったのは朝の5時近く。
コンドに泊まっていた大量の他のお客さんと一緒に、疲れ切った顔で戻りました。

元々は夜景が好きなので、いつか高層階に住むのに少し憧れてたのですが、この一件以来HさんとLちゃんに反対されまくっているので、早速夢破れそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加



読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加しています。
励みになりますので、よろしければポチをお願いします。


 こんにちわ。さなです。家の近くのショッピングモールに行ってみました。シーズンオフだからか、スキーウェアか?と思うほどの防寒具が安売りしていました。表示を見たら-30度まで対応!と明るく書かれていたので、今から冬が怖いです。同じモールには、かわいい現地の女
欧米生活で陥りがち
欧米生活で陥りがちa

 こんにちわ。さなです。
家の近くのショッピングモールに行ってみました。
シーズンオフだからか、スキーウェアか?と思うほどの防寒具が安売りしていました。
表示を見たら-30度まで対応!と明るく書かれていたので、今から冬が怖いです。

同じモールには、かわいい現地の女の子がたくさん買い物をしていました。
が…が!みんななんだか私より一回り大きい…。
なんかもう、背丈も体格も胸もおしりもすべてが大きいです。

そして食べているものが超ボリューミー(笑)
売っているお菓子も全部甘い…!
マフィンの上に、当然のように鎮座する色鮮やかなクリーム。
全てにバターたっぷり。ピザ生地にまでバター‼
スーパーのヌテラ売り場は超充実!
チップス売り場には当たり前のようにディップソース。

そんな中で過ごしていると
『周りと比べたら、私そんなに太ってなくない⁈』
という、とんでもない勘違いに陥りそうになります。

そろそろホテルから契約したお家にお引越しの時期。
家具よりもまず体重計を買いましょう…と、Hさんと約束をしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加




読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加しています。
励みになりますので、よろしければポチをお願いします。


  こんにちわ。さなです。 米が食べた過ぎて遂に、誇り高きジャパニーズとして有るまじき行為『海外にてカリフォルニアロールを食す』をしてしまいました。 シャリが固いのが残念ですが、久々の生姜ガリが馬鹿ウマでしたので悔いなし。 昨年、Hさん&Lちゃ

学校見学
学校見学a
 
こんにちわ。さなです。
米が食べた過ぎて遂に、誇り高きジャパニーズとして有るまじき行為『海外にてカリフォルニアロールを食す』をしてしまいました。
シャリが固いのが残念ですが、久々の生姜ガリが馬鹿ウマでしたので悔いなし。

昨年、Hさん&Lちゃんとカナダ旅行兼ねて学校見学に行きました。
それぞれのキャンパスを見て回ったのですが、結局一番自然が多く、のんびりした所を選ぶことに。

学校の送り迎えをしてくれたドライバーのおじいちゃんがいたのですが、帰りに駅まで送ってくれる途中に、わざわざダウンタウンまで行き小一時間かけて、街の案内をしてくれました。
後で聞いたところ、カレッジの専門ドライバーではなく生徒さんのおじいちゃんボランティアとのこと。
そんなところにも人の暖かさをほんわかと感じ、カナダって良いところだなぁと思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加




読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加しています。
励みになりますので、よろしければポチをお願いします。


 こんにちわ。さなです。夏の甲子園で地元の高校が優勝したので、一人浮かれています。Hさんから「普段は甲子園なんて興味ない癖に…」と、にわかを見る冷たい視線が送られました(涙)いいのです。普段注目される機会の少ない県だから、嬉しいのです。留学する気になってから
留学フェア
留学フェアa

 こんにちわ。さなです。
夏の甲子園で地元の高校が優勝したので、一人浮かれています。
Hさんから「普段は甲子園なんて興味ない癖に…」
と、にわかを見る冷たい視線が送られました(涙)
いいのです。
普段注目される機会の少ない県だから、嬉しいのです。

留学する気になってから、カナダの学校や看護師の資格について調べました。
どの州がいいか、どんな学校がいいか…
調べれば調べるほど文字の情報だけが浮足立ってる気がしたので、その学校の人と会って話せる大使館主催イベント
『カナダ留学フェア』
(カナダ大使館ホームページに飛びます)
に参加してきました。

これは毎年2回開催しており、カナダの学校の人が直接相談に乗ってくれます。
学校のカリキュラムや学費などは各学校のサイトを見れば載っていますが、実際に雰囲気や周辺の環境等を詳しく聞けたので良かったです。

各学校のエージェントなので、連絡先を交換しておくと実際に留学する際、手続き関係の相談に乗ってくれたりもします。

学校だけでなく、各セミナーも充実。
・ビザの種類、取り方
・各州の教育
・ワーキングホリデーについて
・奨学金
・TOEIC、TOEFLE、IELTS等英語試験について
・各学校(小、中、高校、カレッジ)の概要
等々もりだくさん。
英語&日本語で説明してくれるので、難しい話でもとっつきやすくて助かりました。

来場している人は様々。
高校生+お母さんの組み合わせが多かったかな。

私とHさんは、時期をまたいで2回参加しました。
ぼんやり『留学』という言葉から、具体的にイメージできるようになりました。

今年も11月に予定されているようです。
カナダ留学に少しでも興味があるよ!て方にはとてもおススメ。
当日に行ってもOKですが、事前にネットで申し込みをしていくとノベルティが貰えるし、入場もスムーズです。
因みに私たちが行ったときはキャンバス地のトートバッグでした(笑)
丈夫&使いやすいので重宝してます(*´ω`)

明日はLちゃんの学校の手続きに行ってきます。
これについても落ち着いたらアップしていきたいです。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加しています。
励みになりますので、よろしければポチをお願いします。


 こんにちわ。さなです。カナダへの移住について簡単にまとめてみました。文字が多くて読み辛く、申し訳ないです(´・ω・`)①スキルドワーカープログラム 私が狙っているのがこれです。 カナダでは、専門職の移民受け入れを積極的にしています。 専門職の中身は様々で、
移住条件
移住条件a
 こんにちわ。さなです。

カナダへの移住について簡単にまとめてみました。
文字が多くて読み辛く、申し訳ないです(´・ω・`)

①スキルドワーカープログラム
 私が狙っているのがこれです。
 カナダでは、専門職の移民受け入れを積極的にしています。
 専門職の中身は様々で、
 ・医療系
 ・SE等IT関係
 ・経営コンサルタント
 ・研究職
 等々です。カナダの指定する職業リスト(NOCのA,O,Bに該当する必要あり)は常に変化しているので、カナダ政府のホームページ職業リスト(※英語サイトに飛びます。日本語で分かりやすいのはココらへんです。)等調べれば出てきますが、常に最新情報を確認する必要があります。
 このプログラムのすごいところは、上記経歴が自国で最低1年あればOKなところ。長期勤務していれば、それだけポイントが高いです。
 他に、学歴、年齢、英語力(フランス語)、カナダでの就労や学習経験、カナダでの生活歴等がすべてポイント化され、高ポイント程永住権取得に有利です。

②ファミリースポンサー
 家族として呼ぶ方法。カナダ人の伴侶を持っている際に出るやつです。

③カナダ国内で就職先を見つける
 これも一般的かもしれません。今はワーキングホリデーも就職先が見つからないことも多く、なかなか厳しい現状と聞きます。カナダに何らかのビザで住み着いてから就職先を見つける→永住権の申請の流れ。これも長い道のり。

④州独自のプログラム
 カナダは州ごとに移民プログラムを出していて、その種類は本当に多いです。
 自分の行きたい都市で調べてみると、案外マッチしたプログラムが見つかるかもしれません。

⑤投資移民
 これは完全に投資家、資産家等向けです。
 要はカナダにお金を出せる人。資産があったらこれが一番手っ取り早いと思います。

他にもGoogle先生で、「カナダ 移住」で検索すれば、もっとわかりやすいサイトが山ほど出てくると思います。また、カナダ政府がコロコロ移民受け入れ条件を変えてくるのでその都度確認しながら進めていく必要があります。

まぁ、そんなわけで、いきなりの永住権申請はハードルが高すぎるので、ひとまずカレッジに留学という形で学生ビザを取得→カナダで生活しながら英語の勉強&資格取得、仕事探しと並行して永住権の申請を行う予定を立てました。
完全に年単位の道のり長いです(笑)

※ここに記載していることはあくまでも私自身の調べた範囲です。
 他にもいろいろな方法や条件があると思いますので、興味のある方は各個人の条件に当てはまるプログラムを模索することをお勧めします。


読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加しています。
励みになりますので、よろしければポチをお願いします。


こんにちわ。さなです。昨日大家さんに会って、家の契約をしてきました。が、現在はまだ別の住人が住んでいるため、約10日後の引越しまでホテル暮らしで自炊ができません(涙)早速高カロリー北米メニューの洗礼を受けています。実は、私は今まで付き合ってきた彼女と一緒に暮
j決心する
j決心するa

こんにちわ。さなです。
昨日大家さんに会って、家の契約をしてきました。
が、現在はまだ別の住人が住んでいるため、約10日後の引越しまでホテル暮らしで自炊ができません(涙)
早速高カロリー北米メニューの洗礼を受けています。

実は、私は今まで付き合ってきた彼女と一緒に暮らしたことはありません。
正確に言うと、私が一人暮らしをしている家に転がり込んできた彼女は何人かいますが、家賃を折半して、共同生活して…という暮らしは、したことがないです。
なので、彼女と一緒に暮らす、というのは憧れでもありました。

日本では同性婚は認められていないので、一緒に暮らすことがある意味でのゴールになるかもしれません。
でもHさんは、その先を目指していました。

誰かと家族になること。
周りの人にも普通に家族だと認めてもらうこと。
レズビアンだと自覚した時から私が捨ててしまった夢を、もう一度見させてくれたHさんに、付いていきたいと思いました。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加しています。
励みになりますので、よろしければポチをお願いします。



 こんにちわ。さなです。2コマ目に出ている、男の子っぽくてかっこいい系な服装の子をレズ用語でダイクというのですが、私は完全に『大工系』かと勘違いしていました。下書きを見たHさんにDykeだよ!アルファベットかカタカナだよ!と指摘を受けました(笑)Hさんから、カナダ
kanadaime-ji
kanadaime-jia

 こんにちわ。さなです。
2コマ目に出ている、男の子っぽくてかっこいい系な服装の子をレズ用語でダイクというのですが、私は完全に『大工系』かと勘違いしていました。
下書きを見たHさんにDykeだよ!アルファベットかカタカナだよ!と指摘を受けました(笑)

Hさんから、カナダ!カナダ!と聞かされ続けた私は、なんとなくカナダが気になってしまい、ついついネットで検索をかけ始めることに。

ネット情報のみではイマイチ分からないので、周囲にいる実際に留学に行った人や、仕事で取引していた人などの話を聞いて回りました。
みんな口を揃えて言うのが
『カナダは良いところだよ!』
という台詞。
カナディアンイメージの良さを目の当たりにしました。

LGBT的にも進んでいるイメージ。
カナダに住んでいない日本人旅行者でも結婚式→同性婚の証明書を発行してくれます。
私の周囲にも実際にカナダで結婚式を挙げて、証明書をもらっているカップルさんがいました。
もちろん日本では効力はないのですが、やはり正式な書類ですし、見せてもらったときはとても羨ましいなと思いました。

ウエディングドレス…。友人やら親戚の結婚式に出席するたびに、『いいなぁ…(*´ω`)』と思っていましたが、反面、私には縁がなかろうという感覚。それが実現できること、2人だけの関係性だけではなく、周囲にも認めてもらえることに、とても憧れを感じました。

まぁ、この時は独り身だったので、『彼女ができたらやりたいなぁ…』という憧れどまりでしたが(笑)

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加しています。
励みになりますので、よろしければポチをお願いします。


 こんちわ。さなです。これを書いているのは機内ですが、アップする時にはトロントに無事到着しています。飛行機が揺れていて少し怖いです。そんな私を横目にHさんはソリティア、Lちゃんはアナ雪に夢中です(涙)Hさんは、Lちゃんが生まれてからは日本にいますが、その前は一
何でカナダ?
何でカナダ?a

 こんちわ。さなです。
これを書いているのは機内ですが、アップする時にはトロントに無事到着しています。
飛行機が揺れていて少し怖いです。
そんな私を横目にHさんはソリティア、Lちゃんはアナ雪に夢中です(涙)

Hさんは、Lちゃんが生まれてからは日本にいますが、その前は一か所に定住することなく、ずっと旅を続けていました。
そんなHさんが唯一『住むならココがいい』と思ったのが、カナダだったそうです。

初めて聞いたときは、正直『それだけ?』と思いましたが、実際私が今なぜ今の家に住んでいるのかと聞かれたら、
『仕事があるから』
『近くに親が住んでいるから』
『家賃が安いから』
駅まで歩いて行けるから
等、生活の便利だからという理由しか思い当たらず、特別に『住みたいからココ!』と思っているわけではないことに気が付きました。

自分の生活にあっているからというのもそこに住む十分な理由だと思います。
ですがHさんの話を聞いて、単純に自分の住みたいところに住みに行って、生活をそれに合わせていくというのもアリだなと思いました。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加しています。
励みになりますので、よろしければポチをお願いします。


こんにちわ。さなです。トロントに行く途中の香港トランジットで更新中です。香港空港は大きい&きれい&漢字があるので、あんまり海外な感じがしないです(笑)昨日の更新記事でたくさんの暖かいコメントありがとうございました。Hさんと二人で、勇気づけられています。今は移
カナダ行き
カナダ行きa

こんにちわ。さなです。
トロントに行く途中の香港トランジットで更新中です。
香港空港は大きい&きれい&漢字があるので、あんまり海外な感じがしないです(笑)

昨日の更新記事でたくさんの暖かいコメントありがとうございました。
Hさんと二人で、勇気づけられています。
今は移動中なので、少しづつお返事させていただきますね(*´ω`)

というわけで、カナダ編スタートです。

初めて会った時から、Hさんはずっとカナダに行きたい!と言い続けていましたが、元々のバックパッカー的なノリもあり、
『一緒に行こうよ!』と軽く笑いながら言うので、私はあまり本気にはしていませんでした。

ですが、何度も言われ続けると不思議なことに、なんだかカナダが無性に気になってきます。
いつの間にかカナダをネット検索することが増えていました。

続きます。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加しています。
励みになりますので、よろしければポチをお願いします。