寿司の名前
寿司の名前2

こんにちわ。さなです。
Hさんに働く細胞を見せたところ
「……これ、勉強になるかなぁ…。」
と興味を持ち始めたので、そろそろHさんが我々のアニメ鑑賞会に参加する日も近いのではないかなと勝手に思っています。

現在寿司を作るバイトをしていますが、
そもそも商品の9割が、日本に存在しない西洋スタイルなので
覚えるまでが大変でした(;'∀')

日本と違ってびっくりしたことはこんな感じです

①海苔は内側で巻くスタイル
こちらでは黒い食べ物が少ないので、どうやら海苔は食べ物に見えないらしいです。
海苔が外にして巻くと、不気味がられることもしばしば(涙)
最近はおにぎり等も有名になってきたので
少しずつ浸透はしていますが、まだまだ海苔NGな人も多いです。

②マヨは上にかけない
うちの地域だけかもですが、白めのソースはあまり人気なしです。
マヨネーズは、サンドイッチやピタによく使われているので、中に入れ込む分には問題なさそうですが、日本のように上に直接かけることはしません。
個人的には照り焼きソース+マヨの組み合わせが大好きなので、もったいないなぁと思っています。

③とりあえずスパイシーにしておけば正解
スパイシーカリフォルニア、スパイシーサーモンロール…
とにかくピリ辛テイストが大人気です(汗)
シラチャーという名前のチリソースとマヨネーズを混ぜたピンク色のソースに、みんな夢中です。
「もっと沢山かけて!!!もっとよ!」
と、お客さんに言われることも多いです。

④ソースたっぷりすぎ
ソースは、これでもか!というほどかけます。
ソースの味しかしないんじゃなかろうか…と心配になるほどです。
また、寿司の各容器に小さな醤油パックをつけていますが、
追加の醤油パックを希望する人も多いです。
が、一人で醤油パックを3つも使うのは、明らかに塩分過多だと思います(汗)

ちなみに生魚は8割サーモンです。
その他にマグロ、ハマチあたりが手に入りますが、数は多くないです。

私も以前は、カリフォルニアロールなど邪道!と言っていたクチではありますが、
郷に入っては郷に従えで、実際に食べてみると
「これはこれでアリかもしれない」
と思うようになりました。
まぁ、結局は日本のお寿司が一番ですが(笑)

他のカナダネタはこちらからどうぞ

nakamaa


他のバイトネタはこちらからどうぞ

susi2
読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加しています。
励みになりますので、よろしければポチをお願いします。